システムで給与計算し管理をより徹底するメリットとは

男性

外部委託による効率化

計算

支給額や控除額の計算

一般的に、給与計算とは従業員に支払う月例給与や賞与支給額の計算、および、所得税や社会保険料の控除額の計算を総称した呼称です。これらの計算の基礎となる出社日数や有給休暇取得数、遅刻・早退回数などの勤怠情報も含まれ、組織によっては、従業員の人事考課や能力開発計画を含む場合もあります。給与計算の対象となるのは、正社員やパート、アルバイトなどの雇用形態を問わず従業員全般ですが、報酬の契約形態が異なる取締役などの役員は除外されます。給与計算はシステム化されて、人事部あるいは総務部などの管理部門によって運用されますが、システムの保守に関しては自社内の情報システム部門が一般的でした。しかし、近年では、外部の業者にシステムの保守を委託するアウトソーシングを採用する企業や役所が増加しています。

外部に委託する理由

給与計算の保守について、アウトソーシングを採用する利点はいくつかあります。まず、所得税や社会保険料の計算は、税制改正等の理由で毎年のように変更されます。そのたびに、システムを修正して運用するには手間もかかり、しばしば、短期間で行なわなければなりません。この作業を自社内で行なうよりは、アウトソーシングの方が安価で効率的に行なわれます。次に、従業員の給与や人事に関わる情報が自社内にあることで、情報の漏洩など、セキュリティ上の問題が生じる危険性があります。これらの情報はむしろ、外部に退避しておく方が安全と言えます。アウトソーシングに委託する方法であれば、従業員の基本情報の保守や月々の勤怠情報の入力さえ行なえば、月例の給与計算から年末調整までを行なってくれます。つまり、システムを外部に置きながら、必要な時だけ利用できるアウトソーシングが重宝される理由はここにあります。

ストレス状況を把握する

オフィス

ストレスチェックは2015年に義務付けられた制度です。これは厚生労働省が50人以上の規模をもつ事業所に対して実施を義務付ける制度となります。しかしチェック後の対策などが具体化されていない背景などもあり、様子見する企業が多くなっています。

詳細を読む

事前準備でスムーズな決算

男女

一年に一度、企業は決算申告を行います。会社の利益を確定して税金を納めるための申告です。課税のルールは毎年見直されており、税金に関する最新の情報を持っている税理士と相談しながら節税方法を考えることで資金を社内に残しておくことができます。

詳細を読む

企業の管理機能を充実

会社

企業の経営活動には、売掛金・買掛金を始めとした様々な債権・債務管理があります。入金の発生する債権管理は、企業の収益を左右する問題につながる可能性が高いので、遅延なく管理できる仕組みが求められています。

詳細を読む