事前準備でスムーズな決算|システムで給与計算し管理をより徹底するメリットとは

システムで給与計算し管理をより徹底するメリットとは

男性と女性

事前準備でスムーズな決算

男女

忘れてはならない手続き

事業を営む個人もしくは法人にとって欠かすことのできない手続きが決算申告です。決算申告は一年間の事業収支を税務署に申告し、利益に応じた税金を納めるために必要な手続きです。たとえ利益が出ていない赤字の状態であり、払うべき税額がなかったとしても決算申告はしなければなりません。むしろきちんと決算申告することで税金の還付が受けられることもあるのです。決算申告では一般的な利益計算以外に、税額を決めるための特異な計算方法が用いられます。小さな会社であれば税務署の担当官に相談しながら決算申告を行うこともできますが、領収書や請求書は日頃から整理しておき、税金のプロである税理士に依頼して書類を作る方が確実で手間もかかりません。

決算日は変更できる

日本では3月31日を決算日とする企業が多くみられます。しかしこの日付で決算を行わなければならない、と決められているわけではありません。決算申告には月次の利益計算に加えて各勘定科目の精査も行わなければならず、時間がかかります。会社の繁忙期を避けて決算処理を行いたいために、決算日を他の日に設定している企業もあります。8月31日に設定する、3月20日に設定するといったことが可能なのです。もし決算日を3月31日以外に設定している場合は、課税のルール変更が適用される時期に注意しておく必要があります。非課税枠の範囲や税率は、政策として毎年見直されている数字です。決算申告の前には最新のルールを確認し、節税に活かすようにします。